NPO DANCE BOX

  • >>
  • >>
  • 「国内ダンス留学を終えて」5期生のコラム2

「国内ダンス留学を終えて」5期生のコラム2 | BLOG | NPO DANCE BOX

2017.5.17

「国内ダンス留学を終えて」5期生のコラム2

国内ダンス留学@神戸5期生の泰山咲美です。この春プログラムを修了しました。

私にとってこの期間は、これからの生き方の土台となる、それはそれは濃厚で確かなものを得た8ヶ月間でした。留学中はまさにダンス一色の毎日。5期生のプログラムでは8ヶ月間で9作品を上演するという、今考えるとなんて無謀な企画なんや!と笑えてくるほどのアグレッシブな内容。しかしその一つ一つ、出会った振付家、ダンサー、舞台スタッフ、そして同期メンバーやいつも支えてくれるdBスタッフとの時間は、今この瞬間をダンスと向き合い生きていくことの連続であり、旅でした。

講師の黒沢美香さんの言葉をお借りすれば、ダンスは待っていてもやって来ないから、ぜひ自分から掴みにいってほしいです。

また、私が国内ダンス留学@神戸に参加して良かったなと思ったことは、毎月の公演を観に来てくださるリピーターのお客さんが上演を重ねるにつれ増えていったことです。自分の踊りやその変化を見続けてくれる人がいるということは、これほど力になるのだと実感しました。  

作品上演に向けてのクリエーションの他にも、批評家講座や制作講座があり、アーティストとして活動する上で多角的に見識を広げることができます。ダンスボックスがある新長田の商店街には、時代を超えて続く商店や下町文化があり、ダンスボックスを中心にアートが生活の中に息づいていて、アーティストも暮らしやすい街です。文化芸術の分野が教育機関や国から縮小、予算削減が進む現在の日本社会において、これほど純粋にダンスというもので人や地域や社会や世界を繋いでいるダンスボックスは貴重な集合体だと思うのです。

さて、留学中の生活はというと、私は貯金+2つのバイトを掛け持ちしながらなんとかこうにか生活していました。ダンサーは身体が資本ですから食には気を配らなければなりません。とにかく安い八百屋やタイムセール中の肉屋へ走る。

髪が伸びればセルフカット。今となっては笑い話ですが、生活費が底を尽き通帳に281円、お財布に300円になったこともあります。でもそのとき気づいたのです。私の財産はお金ではなかった!ということに!(笑)本当に、お金では買えないものを手に入れる期間でした。

ぜひ、国内ダンス留学@神戸で自分自身のダンス人生を深め、そして広げてください!私も6期生の舞台を楽しみにしています!

 

国内ダンス留学@神戸5期生 泰山咲美

RECOMMEND LOG