NPO DANCE BOX

  • >>
  • >>
  • 03/23-24 中間アヤカ&コレオグラフィ『フリーウェイ・ダンス』|応援メッセージ

03/23-24 中間アヤカ&コレオグラフィ『フリーウェイ・ダンス』|応援メッセージ | BLOG | NPO DANCE BOX

2019.2.12

03/23-24 中間アヤカ&コレオグラフィ『フリーウェイ・ダンス』|応援メッセージ

REPORT

3月23日(土)・24日(日)に上演する〈ダンスボックス・アソシエイトダンサー〉中間アヤカの単独公演、中間アヤカ&コレオグラフィ『フリーウェイ・ダンス』公演に向けて、今までに中間アヤカが関わってきた作品で関わった皆さまから応援メッセージを頂戴しました!

================

坂本公成+森裕子(Monochrome Circus/京都)

 中間アヤカ氏には昨年12月にダンスボックスで開催した『Tryptique』の中でモノクローム・サーカスの代表作『きざはし』を踊って貰った。非常に緊張を強いられる作品なのだが、集中力を切らさず敢然と踊りきってくれた。肝の据わったダンサーなのである。その中間氏がこの3月23日(土)24日(日)『フリーウェイ・ダンス』と銘打ってソロ公演を開催すると云う。ダンスの振付・演出家ではない人たちの「初めて踊った記憶」を踊ると云う。それにも増して興味津々なのが、4時間に及ぶ上演時間と途中に設けられた「ご飯の時間」。うーむ気になるではないか?ドラマトゥルクに『ダンスの天地』も手がける藤澤君が起用されているのも気になる。気になるではないか?ミャンマーカレーTeTeのご飯と云う餌に釣られていそいそと私達は新長田まで出かける事に決めた。皆さんも一緒に中間アヤカの作り出す空間を体験しに出かけませんか?

================

岡田利規(チェルフィッチュ主宰)

わたしは中間アヤカさんとこれまでに一度一緒に作品をつくったことはあるけれどもそれは演劇だったので、そのときの彼女もダンサーではなく、役者だった。あいにく、彼女が出演しているダンス公演を生で見たこともなく、つまりわたしはダンサーとしての中間アヤカをまだ知らない。だからこの公演を見るのを楽しみにしています。

ところで舞台に立つことにおいて役者とダンサーでは何が違うのか、ということについて、わたしは、これはおそらく演劇畑の人間であるから、しかも舞台に立つ人間ではないから、なのだとおもいますが、よくわかってません。わたしの作品に出演したときの自分は役者であってダンサーではない、というのは中間さん本人の認識です。違いって、一体なんなのだろう?? わたしはそれをとても知りたいのです。彼女のダンスそのものから実感したい! それもあって、この公演を心待ちにしているのです。

================

木村玲奈(振付家・ダンサー)

中間アヤカは私にとって島。彼女の身体を見続けて7年、ずっと島を見続けている。それは風景のようで、でも自生していて、時々分裂し雲隠れる。 初単独公演おめでとう。どんな場所に島が浮かび、何が自生して、いつ爆発するのか、今から楽しみにしています。 全員を乗せたまま、静かにどこまでも沈んで、気づいた時にはもう戻れなくなったらいい。

================

  • ダンスボックス・アソシエイトアーティスト
  • 中間アヤカ&コレオグラフィ『フリーウェイ・ダンス』
  •  
  • 日時:2019年3月23日(土)17:00〜21:00(ごはんの時間 18:30〜19:30)
  •                             24日(日)11:30〜15:30(ごはんの時間 13:00〜14:00)
  • 料金:一般 2,500円/学生・会員・長田区民・65歳以上 2,300円/小・中学生 1,000円
       ※各チケット1フード付き ※当日は各チケット500円アップ
  • 特設ページ:https://db-dancebox.org/program/2854/

RECOMMEND LOG