DANCE BOX

会員募集中

こんにちは、共生社会(ぐちゃぐちゃのゴチャゴチャ)2024

文化芸術を通してともに協働し、新たなビジョンを切り開くプロジェクト。2019年よりスタートし、今年で6年目となりました。今年度は、ダンスカンパニーMi-Mi-Biが新体制で挑む新作公演、海外からアーティストを招聘したエクスチェンジプログラムを予定しています。また、定期クラス『やさしいコンテンポラリーダンスクラス』も引き続き月に一度のペースで継続します。

期間

2024年度 通年

会場

ArtTheater dB KOBE他

文化芸術を通してともに協働し、新たなビジョンを切り開くプロジェクト『こんにちは、共生社会(ルビ:ぐちゃぐちゃのゴチャゴチャ)』。
障がいの有無、経済環境や家庭環境、国籍、性別など、一人一人の差異を優劣という物差しではなく独自性ととらえ、舞台芸術を軸に、誰もが豊かに暮らし、芸術文化を楽しみ、表現に向かい合うことのできる社会をめざして、様々な芸術文化創造活動を展開しています。
 
 
 
2024年度は、
ダンスカンパニーMi-Mi-Biが豊岡演劇祭2024に招聘され、公式プログラムとして、9月21-22日に新作公演を予定しています。
本公演では、森田かずよと内田結花が共同演出を担い、出演はMi-Mi-Biメンバーに加えて、新たな出演者を迎え入れます。
音楽に嶺川貴子、ドラマトゥルクに筒井潤、衣装に福岡まな実の新体制で挑みます。
 
海外からアーティストを招聘してプログラムも行います。
Resident Island Dance Theatre(台湾在住)とのエクスチェンジ企画、アダム・ベンジャミン(イギリス在住)によるワークショップ、音楽×ダンス・アーティストのONIKHO(アメリカ在住)とのセッションやワークショップなどを計画しています。
 
8月には、OUTBACKプロジェクト(横浜在住)の公演も予定しています。
 
定期クラス『やさしいコンテンポラリーダンスクラス』は、引き続き月に一度のペースで開催します。
 
特別支援学校でのアウトリーチ事業も継続して実施します。
 
 
▶︎ こんにちは、共生社会 特設サイトはこちらから
 
 
 

2024年度スケジュール

通年

やさしいコンテンポラリーダンスクラス(ナビゲーター:西岡樹里)*月に一度の定期クラス
ダンスカンパニーMi-Mi-Bi活動

7月

Resident Island Dance Theatreとの交換ワークショップ

8月

アダム・ベンジャミンによるワークショップ
OUTBACKプロジェクト公演

9月

豊岡演劇祭2024 ダンスカンパニーMi-Mi-Bi新作公演(演出:内田結花、森田かずよ)

10月

音楽×ダンス・アーティストONIKHOとのセッション

and more・・・
 
 
 

ウェブサイト・SNSなど

ウェブサイト
こんにちは、共生社会
やさしいコンテンポラリーダンスクラス 

X(旧Twitter)
@kyosei_db

Instagram
こんにちは、共生社会
やさしいコンテンポラリーダンスクラス

 

この記事に登場する人

Junpei Iwamoto

Mi-Mi-Bi

社会や暮らしのなかに障害を覚える身体のパフォーマーを含む、ダンスカンパニーMi-Mi-Bi(みみび)。2022年、文化庁とNPO法人DANCE BOXが主催するプロジェクト『こんにちは、共生社会』をきっかけにカンパニーを結成する。同年9月豊岡演劇祭フリンジセレクションに選出され行った旗揚げ公演『未だ見たことのない美しさ』上演。その創作のプロセスを追ったドキュメンタリーも、映像作品・映画として公開され話題を呼んだ。そのほか、ゲーテ・インスティトゥート×Festival Theaterformenの共同プロジェクト「A Gathering in a better world」にてプログラムディレクターを務めるなど、国内外から注目されている。メンバーそれぞれがナビゲートするワークショップや支援学校でのアウトリーチなど、それぞれに異なる身体性と感覚と独自の世界の捉え方などを重要視しながら、活動を展開している。

 

▶︎ ウェブサイト『こんにちは、共生社会(ルビ:ぐちゃぐちゃのゴチャゴチャ)』

2024年5月10日 時点

阪下滉成

西岡樹里

ダンサーとして国内外のダンス作品に出演。異なる文化背景や様々な身体をもつアーティストとの仕事に携わる。個々の身体や心がもつ固有の物語にダンスを通して想像を巡らせたり、1人ひとりが交差することから見えてくる景色に興味がある。 またダンサーとして、ナビゲーター/講師の活動も広げており、これまでに幅広い年齢の障害のある方やない方を対象にしたワークショップを展開している。2012年より福祉専攻科エコール神戸にてダンスクラスを担当。その他、支援学校や小学校など教育機関のへのアウトリーチ、また放課後等デイサービス、文化施設などでダンスクラスを行っている。2020年よりダンスボックスの『こんにちは、共生社会(ぐちゃぐちゃのごちゃごちゃ)』のプログラムの一環として、踊ってみたい方はどなたでも参加できる「やさしいコンテンポラリーダンスクラス」を開いている。
国内ダンス留学@神戸を1期生として卒業。

2023年4月10日 時点

藤本ツトム

森田かずよ

先天性の障害を持って生まれ、18歳より表現の世界へ。自らの身体の可能性を日々楽しく考えながら、ダンサー、俳優として活動。ヨコハマパラトリエンナーレ、国民文化祭、庭劇団ペニノ、アジア太平洋障害者芸術祭など国内外の多数の公演に出演し、メディア出演も多数。近年は障害のある人を含めた多様な人とのダンス公演の創作や演出、ワークショップ講師やレッスンなども行う。
東京2020パラリンピック開会式にソロダンサーとして出演。
神戸大学人間発達環境学研究科博士前期課程修了。
福祉をたずねるクリエイティブマガジン「こここ」にて「森田かずよのクリエイションノート」を連載中。
文化庁・厚生労働省共同開催、障害者文化芸術活動推進有識者会議構成員。
大阪府障害者施策推進協議会 文化芸術部会 委員(2019年度~)
「Performance For All People.CONVEY」主宰。
ダンススタジオP’spot14を含めたNPOピースポット・ワンフォー理事長。
PERSOL Work-Style AWARD 2020 ダイバーシティ部門受賞。

2023年3月17日 時点

内田結花

ダンサー・振付家。上演環境や状況に振付られる身体をテーマに、これまで屋内外のあらゆる場で自作品を発表。主な作品に、暮らす日々を記録した日記を振付に踊る『暮らしのシリーズ』(’19-23)、憧れ尊敬する人々を想像力と妄想力を駆使し(誤解含む)取り込んでいく『リスペクトピープル』(’20-)、温泉地に設置した5つのQRを読み取りながら巡る『Along a long ARIMA』(’21)、フィールドワークの素人たちで鳩のコミュニティを探る『ニュー・フィールドワーク』(’23-)などがある。ダンサーとして、黒沢美香、千日前青空ダンス倶楽部、チーム・チープロ、オル太、前田耕平などの公演や作品に参加。

文化庁・NPO法人DANCE BOX主催「国内ダンス@神戸」2期振付家コース修了後、NPO法人DANCE BOXのスタッフに参加し、種だねのアートプロジェクトに創作から制作面に至るまで携わる一面ももつ。

2024年6月2日 時点

筒井潤

演出家、劇作家。公演芸術集団dracom(ドラカン)リーダー。2007年、京都芸術センター舞台芸術賞受賞。2014〜16年セゾン文化財団シニアフェロー。
dracomとして、サウンド・ライブ・トーキョー2014、NIPPON PERFORMANCE NIGHT(2017、19年、デュッセルドルフ)、東京芸術祭2019ワールドコンペティションなどに参加。
また個人の活動として『新長田のダンス事情』『滲むライフ』等のDANCE BOX主催事業に多く関わるほか、アートツーリズム・プロジェクト『Silent Seeing Toyooka』(城崎国際アートセンター)の演出やルリー・シャバラ『ラウン・ジャガッ:極彩色に連なる声』(KYOTO EXPERIMENT 2021)の空間演出を担当。他にも山下残振付作品、マレビトの会、KIKIKIKIKIKI、維新派、akakilike、ホー・ツーニェン、荒木優光などの公演や作品に参加。様式やジャンルを問わず活動を行っている。

2024年6月17日 時点

嶺川貴子

『Roomic Cube – a tiny room exhibition』(1996)など国内外で8枚のアルバムを発表、様々な表現者とのコラボレーション/音楽制作を経て、近年は自作楽器の音楽家川口貴大とのグループ ‘跡の前’ として、即興演奏のパフォーマンスを行なうなど、活動は多方面にわたる。舞台作品への参加として、アーティスト集団のオル太の演劇作品『ニッポン・イデオロギー』(2022/2023-2024)の音楽を担当。

2024年6月18日 時点

  • DANCEBOX
  • DANCEBOX
  • DANCEBOX
  • DANCEBOX