DANCE BOX

会員募集中

こんにちは、共生社会(ぐちゃぐちゃのゴチャゴチャ)2023

障がいのあるなしに関わらず、文化芸術を通してともに協働し、新たなビジョンを切り開くプロジェクト。2019年度よりスタートし、今年度で5年目となりました。

期間

2023年度 通年

会場

ArtTheater dB KOBE他

障がいのあるなしに関わらず、文化芸術を通してともに協働し、新たなビジョンを切り開くプロジェクト。
月に一度の定期クラス「やさしいコンテンポラリーダンスクラス」、ミックスエイブルダンスカンパニー「Mi-Mi-Bi」の神戸公演に加え、国際色豊かな公演事業に協力するなど。また、特別支援学校にアウトリーチなども予定しています。

 

2023年度の主なスケジュール

7月22日〜23日 まちを遊び場に!新長田ローカル・フェスティバル『みんなのフェスティバル2023』
8月5日 伊藤千枝子×中ムラサトコ『偶然という名の奇遇』
8月14日 趙恵美 単独ソロ公演『ハレとケのはざまで。。。』※協力公演
9月 特別支援学校にてアウトリーチ(講師派遣:Mi-Mi-Bi)
10月26日〜28日 Mi-Mi-Bi『未だ見たことのない美しさ』神戸公演(演出:森田かずよ / 演出補佐:内田結花)
11月19日 『HAPPY AFRICAN FESTIVAL』※協力公演
2月 旅するやさコンクラス in 福知山(ナビゲーター:西岡樹里)
通年 ミックスエイブルダンスカンパニーMi-Mi-Bi活動
通年 やさしいコンテンポラリーダンスクラス(ナビゲーター:西岡樹里)*月に一度の定期クラス
通年 やさコンプラス(ナビゲーター:西岡樹里)*発表会などを目指すアドバンスクラス

 

ウェブサイト・SNSなど

ウェブサイト
こんにちは、共生社会
やさしいコンテンポラリーダンスクラス 

X(旧Twitter)
@kyosei_db

Instagram
こんにちは、共生社会
やさしいコンテンポラリーダンスクラス

 

この記事に登場する人

阪下滉成

西岡樹里

ダンサーとして国内外のダンス作品に出演。異なる文化背景や様々な身体をもつアーティストとの仕事に携わる。個々の身体や心がもつ固有の物語にダンスを通して想像を巡らせたり、1人ひとりが交差することから見えてくる景色に興味がある。 またダンサーとして、ナビゲーター/講師の活動も広げており、これまでに幅広い年齢の障害のある方やない方を対象にしたワークショップを展開している。2012年より福祉専攻科エコール神戸にてダンスクラスを担当。その他、支援学校や小学校など教育機関のへのアウトリーチ、また放課後等デイサービス、文化施設などでダンスクラスを行っている。2020年よりダンスボックスの『こんにちは、共生社会(ぐちゃぐちゃのごちゃごちゃ)』のプログラムの一環として、踊ってみたい方はどなたでも参加できる「やさしいコンテンポラリーダンスクラス」を開いている。
国内ダンス留学@神戸を1期生として卒業。

2023年4月10日 時点

Junpei Iwamoto

Mi-Mi-Bi

盲・ろう者を含む身体に障がいのあるパフォーマー・コンテンポラリーダンスアーティストによる、ダンスカンパニーMi-Mi-Bi(みみび)。文化庁・NPO法人DANCE BOX主催事業『こんにちは、共生社会(ぐちゃぐちゃのゴチャゴチャ)』プロジェクトをきっかけに、2022年春より本格的にカンパニー活動を開始。同年9月豊岡演劇祭2022フリンジセレクションに選出されフルレングスのダンス作品『未だ見たことのない美しさ-豊岡ver.-』を上演、10月ゲーテ・インスティトゥート×Festival Theaterformen(ドイツの国際演劇フェスティバル)の共同プロジェクト「A Gathering in a better world」にてプログラムディレクターとして招聘され5日間に渡るエキシビジョンを実施するなど、話題を呼んでいる。

 

▶︎ ウェブサイト『こんにちは、共生社会(ぐちゃぐちゃのゴチャゴチャ)』

2023年3月19日 時点

藤本ツトム

森田かずよ

先天性の障害を持って生まれ、18歳より表現の世界へ。自らの身体の可能性を日々楽しく考えながら、ダンサー、俳優として活動。ヨコハマパラトリエンナーレ、国民文化祭、庭劇団ペニノ、アジア太平洋障害者芸術祭など国内外の多数の公演に出演し、メディア出演も多数。近年は障害のある人を含めた多様な人とのダンス公演の創作や演出、ワークショップ講師やレッスンなども行う。
東京2020パラリンピック開会式にソロダンサーとして出演。
神戸大学人間発達環境学研究科博士前期課程修了。
福祉をたずねるクリエイティブマガジン「こここ」にて「森田かずよのクリエイションノート」を連載中。
文化庁・厚生労働省共同開催、障害者文化芸術活動推進有識者会議構成員。
大阪府障害者施策推進協議会 文化芸術部会 委員(2019年度~)
「Performance For All People.CONVEY」主宰。
ダンススタジオP’spot14を含めたNPOピースポット・ワンフォー理事長。
PERSOL Work-Style AWARD 2020 ダイバーシティ部門受賞。

2023年3月17日 時点

ホ サンホ

趙恵美

コリアンダンサー/コリアンパーカッショニスト  9歳から舞踊を始め、日本、韓国で様々な舞台に出演。 現在はコリアンダンサーとして、朝鮮と韓国舞踊に軸を置き創作活動を行う。 韓国伝統打楽器奏者としても音楽講師を務める。 舞の旅プロジェクトでは、国籍を外した本当の自分を追求し、舞を通してあるがままの自分を正直に表現する。

2023年4月7日 時点

伊藤千枝子

4歳よりダンスを始め、1989年珍しいキノコ舞踊団を結成し、すべての作品の演出と振付を行う。 ダンスの本質を追求する姿勢と、衣装や舞台美術などカラフルで親しみ易く、時代性を強く意識した作品群は、他ジャンルのアーティストらにも影響を与え、日本のコンテンポラリーダンス界を牽引した。
2019年、30年間活動した同カンパニーを解散後、芸名「伊藤千枝」から本名「伊藤千枝子」に改名し、フリーのダンサー、振付家として活動を続ける。 舞台の活動のほか、2002年からTVCMやPV、幼児番組、映画やTVドラマへの振付などを開始。主な振付作品は、TVCM「アセロラ体操」(2010)、TVCM「LOTOシリーズ」(2018~2019)、TVCM「BASE偏見派とBASE利用者の抗争 編」 (2021)、TVCM「湖池屋スコーン」(2022)など。 2019年には、福島県「わらじまつり」のリ ニューアルプロジェクトに参加、 振付を 担当。
ミュージシャンとの共演も多く、ライブでのダンスや、PV出演なども多数。 2022年2月より ミュージシャン中ムラサトコとのユニット「偶然という 奇遇」としても活動している。

2023年6月20日 時点

pepe

Alain Sinandja

神戸市新長田区在住。トーゴ出身。神戸ダンスボックス主催国内ダンス留学で学ぶため2017年、初めて日本に来日。卒業後も日本に残り神戸を拠点に、西アフリカの伝統舞踊とコンテンポラリーダンスを越境しながら独自の作品を制作している。2018年に自身で立ち上げたダンスフェスティバル「AFRICAN CONTEMPORARY NIGHT」はのちのHappy African Festival(HAF)へと発展し、多くの観客を動員した。2019年に、振付家・下村唯との共同制作を行い、同作品は、横浜ダンスコレクションにて振付賞を受賞。同年、山崎広太によるプロジェクト「Darkness Part 3」に参加、ニューヨーク公演に出演した。現在もダンスボックスの様々な企画に参加し、アフリカンダンスクラスを教えるなど、新長田のコミュニティに深く根ざした活動を継続している。

2023年4月10日 時点

  • DANCEBOX
  • DANCEBOX
  • DANCEBOX
  • DANCEBOX