NPO DANCE BOX

  • >>
  • >>
  • 〈dBアソシエイト・アーティスト〉中間アヤカ&コレオグラフィ『フリーウェイ・ダンス』

〈dBアソシエイト・アーティスト〉中間アヤカ&コレオグラフィ『フリーウェイ・ダンス』 | PROGRAM | NPO DANCE BOX

2019.03.23(土)・24(日)

〈dBアソシエイト・アーティスト〉中間アヤカ&コレオグラフィ『フリーウェイ・ダンス』

ArtTheater dB KOBE (神戸)

ダンスパフォーマンス 主催事業

振付をダンスとしてその場に立ち上げること、振り付けられた身体をダンスさせることがダンサーの仕事だと信じて、これまで数え切れないほどの振付とともに舞台に立ってきました。私の身体は振付がなければ踊ることができなくて、その上そいつはたくさん踊りたい性質(たち)なのでつまりそれだけたくさんの振付(エサ)が必要なのです。振付はいつどんな場所にも、様々に形を変えて存在する。この世に存在するすべての振付をダンスにしてみたいと、いつしか願うようになりました。

「中間アヤカ&コレオグラフィ」と名付けた今回のプロジェクトでは、ダンスの振付・演出の専門家ではない人たちに「初めて踊った(身体がダンスした)ときの記憶」を頂戴することにしました。ダンサーである私は、それらの記憶を振付として扱います。複数の振付を入れ替えしないままに積み重ねてゆく。エサを蓄えに蓄えた太ましい贅沢な身体で立ってみます。

ー中間アヤカ「フリーウェイ・ダンス」に向けてのコメントより(一部抜粋)。

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

【記憶(振付)の提供者など】

  • ▶︎加納千尋(写真家)

    トモ君(藤澤智徳)が彼女の作品を気に入ったのをきっかけに出会った。初めて会った日、挨拶もそこそこに写真を撮ってもらった。カメラを構えると身体が変わる。出来上がった写真の中の新長田は、知らない外国の街みたいだった。塩屋の素敵なおうちに住んでいて、そこには黒猫が出入りする。

  • ▶︎中間公明(父)
  • パパ。身近な人物の中で、一番ダンスと遠そうな人。私の舞台は見に来てくれるけれど、それ以外でダンスと接したことってあるんだろうか?パパとダンスについての話をしてみたいと思った。「頑張ったね」、「よかったよ」以外の言葉を貰ってみたいと思った。
  •  
  • ▶︎増田匡(まちの人)
  • 私と同じ新長田に住んでいる。最初の出会いはもう覚えていないけれど、ここ数年の私の舞台をほとんど見てくれている人。増田さんとのメールを遡って読み返していたら、「ここだけの話、アヤカさんのダンスが一番好きなんです」と書いてあった。これは4年程前のメール。今はどうだろう?
  •  
  • ▶︎阿児つばさ(美術家)
  • いつだったか彼女が外箱をデザインしたマッチを貰った。いつだったか彼女が作った石のピアスが欲しかったけれど、ちょうど手持ちがなくて諦めた。どちらも小さくて、どちらも可愛かった。彼女自身のように。彼女がつくるモノやその振る舞いを見て、きっと記憶を大事にしている人だと、直感的にそう思った。
  •  
  • ▶︎藤澤智徳(ドラマトゥルク)
  • ダンスがそんなに好きそうじゃないところがいいなと思って、前作から協力してもらっている。デキる男なのでなんでもデキる。一緒にダンスをつくるとき、あえて役割を渡すこともない。すぐに迷宮入りしてそのまま遊んでしまう私を唯一地上に連れ戻すことができる人。それを唯一許している人。渡したい記憶がある、と申し出があったので貰ってみることにした。
  •  
  • ▶︎阿雲モナイ、田添幹雄(セノグラフィ)

    「幹雄さんはモナイさんの写真集をすでに5冊も出してて、その写真集には、仕事の休憩中にくつろいだりまどろんだりするモナイさんの姿が写っていたりします。二人は一緒に庭師の仕事をしているそうです。その写真集を僕はよくTeTeで見ます。」とトモ君(藤澤智徳)が言っていた。

  • ▶︎ミャンマーカレー TeTe(フード)
    新長田駅から徒歩約8分、丸五市場の中にあるミャンマー料理店。私のお気に入りはやっぱりカレー。お茶の葉サラダも美味しい。麺類も捨てがたいし、具がたっぷり入ったサモサも好き。店主の登美子さんのやわらかい声が好き。お店のイメージカラーはやわらかい黄色かな。

ARTIST PROFILE

  • 中間アヤカ(ダンサー)

    1992年生まれ、ダンサー。新長田在住。英国ランベール・スクールにてバレエとコンテンポラリーダンスを学ぶ。帰国後、「国内ダンス留学@神戸」1期に奨学生として参加、ダンサー奨励賞受賞。誰かに、なにかに「振り付けられる身体」にこだわりを持ち、近年では木村玲奈、黒沢美香、contact Gonzo、チェルフィッチュ等の作品に出演。2018年よりDANCE BOXアソシエイト・アーティスト。

  • 藤澤智徳(ドラマトゥルク)

    1993年、長野県生まれ、大阪市九条在住。国内ダンス留学@神戸3期 制作者コース修了。制作者・ドラマトゥルク。2018年より、振付家・ダンサーの山本和馬とダンスショーケース「ダンスの天地」を企画しているほか、振付家・ダンサーの木村玲奈と長野の藤澤家宅にて「プレイベート・レジデンス」プロジェクトを継続して実施中。過去に中間アヤカが工場長をつとめる「踊りに行くぜ!!Ⅱvol.06」Cプログラム「月月火水木金金」(2016年)に研究員として参加。

作品・アーティスト情報

ARTIST
ダンス:中間アヤカ
ドラマトゥルク:藤澤智徳

記憶(振付)の提供:
阿児つばさ、加納千尋、中間公明、藤澤智徳、増田匡 他

セノグラフィ:阿雲モナイ、田添幹雄
フード:ミャンマーカレーTeTe
STAFF
舞台監督:大田和司 
照明:三浦あさ子 
音響:西川文章 
宣伝美術:松見拓也
ETC

▶︎中間アヤカと藤澤智徳によるダンスと振付にまつわる往復書簡

https://correspondanceis.tumblr.com/

  • ▶︎ドラマトゥルク・藤澤智徳による「藤澤日誌」の日記を抜粋
  • :書き溜めていた藤澤智徳の日記の抜粋。「フリーウェイ・ダンス」がどのようにして出来たのか、どのような過程を経てここまで辿り着いたのか、の記憶の一部です。

https://fujisawanissi.tumblr.com/

詳細情報

時間
23日(土) 17:00〜21:00(ごはんの時間 18:30〜19:30)
24日(日) 11:30〜15:30(ごはんの時間 13:00〜14:00)
 ※受付開始は開演の20分前、開場は開始時間に行います。
 ※上記時間の中で、出入り自由。
 ※フードの提供は”ごはんの時間”内のみ。
料金
〈前売〉
一般 2,500円
学生・会員・長田区民・65歳以上 2,300円
小・中学生 1,000円
 ※各チケット1フード付き
 ※当日は各チケット500円アップ
会場
ArtTheater dB KOBE (神戸)
予約・お問い合わせ

【NPO法人 DANCE BOX】
TEL 078-646-7044 / FAX 078-646-7045
お問い合わせは お問い合わせ全般
ご予約方法は チケット予約

主催・助成など
主催 : NPO法人 DANCE BOX
助成:文化庁文化芸術振興費補助金(劇場・音楽機能強化推進事業)|独立行政法人日本芸術文化振興会